つくば市・印鑑・印章・ゴム印材料
つくば市
印鑑・印章・ゴム印材料

リンクページ

☟バナーをクリックしてください

毛筆の手書き文字で「おもてなし」

へら絞りとは型と金属の板を回転させ、へらと呼ばれる棒を押し当てて少しずつ成形させ,金属板を金型に押し当てながら型に密着させて成形する技法です。
使用する機械は昔から使われている旋盤によく似ており,旋盤を改造して使用する事が多いです。
昔ながらの技術で職人が一つ一つ製作する絞りをこの業界では「手鉸り」と呼ぶ一方、近代化が進み機械が発達し自動化することによって「自動絞り」が出来、合わせて「スピニング加工」と現代では呼ばれる事が多くなってきています。
また、従来加工が難しいものでも絞りの技術の向上や様々な道具を幅広く使う工夫によって手絞りも常に進化し続けています。
例えばへら棒で絞っていたものをローラーを先端につける事によって素材の板の負担を減らしたり油によって板の伸び率、しなり具合がかなり変わる事も工夫や努力によって進歩している事がわかっています。
このスピニング加工は職人の熟練度によってかなりの技術の差があり、特に手絞りはその差が多く、また職人によって得意分野も違いそれは勤める会社の歴史や仕事の内容によって様々です。
へら絞り職人は、自分の腕を常に磨き向上し自分の仕事にやりがいや誇りもっている人が多いと言われています。 


つくば市・印鑑・印章・ゴム印材料
つくば市
印鑑・印章・ゴム印材料